どこの職場もそうですが、難しい問題です。人間関係。

あるサイトから、「ふ〜ん!」と思ったことがあったので、ちょっと引っ張ってきました。
http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2009/11/1-40eb.html

職場で悪口がエスカレートするステップについて・・・

『誰かが始めた悪口に、別の誰かが便乗し、さらにその場の空気に流されて他の人々も同調する——残念ながら珍しい光景ではないでしょう。ここで重要なのは「悪口が始まったら、すぐに誰かが反論しなければならない」という点。後になればなるほど、「空気」に逆らって陰口を止めることが難しくなるわけですね。考えてみれば当たり前の話ですが、意識していないとなかなか気づけない点だと思います。』
『悪口を言われても同調せず、すぐに逆の評価を持ち出すこと。本当に始まったばかりのタイミングなら、ほんの一言、二言でもその場の空気を変えるのに十分なわけですね。』

とありました。

ウチのスタッフでもよくあっては困るんですが、たまにあります。
その時は、「何故、そんなことを言い出すのか?」そのまわりの状況・環境を教えてもらってから判断してます。
もしかしたら、人が問題なのではなく、作業の手順や道具などに問題がある場合もあります。

どちらにしても、より働きやすい環境を作り出したいと考えています。

あと余談ですが、清掃会社によっては「面倒くさい・・・」と言われるかもしれませんが、1名配置の現場は、ウチにとっては非常にやりやすい現場ですね。
よく、「作業スタッフが欠勤したらどうするんだ!」と不安に思われる方がいますが、
ウチの場合、その現場のことを理解しているスタッフを2名以上確保していますので、万一のことが発生しても、うまく対応できていますね。(笑)