今年の春に、私のサラリーマン時代の後輩(彼は親の跡継ぎとして建具屋で頑張っています)から、あるマンションオーナー様を紹介していただきました。

そのオーナー様とは色々とお話させていただいて、様々なことを教えていただきました。

お取引は、東大阪と守口の賃貸マンションの空室清掃が中心ですが、オーナー様が面白い(失礼)ので、お掃除以外の話でいつも盛り上がってしまいます。

さて、本題ですがこの不況の中、なかなか部屋が埋まらないというお話を聞きました。

オーナー様自身がデザインし、またお部屋によっては純粋に自然素材である珪藻土やホタテの貝殻の粉末を練りこんで、ご自身で壁面を塗っていらっしゃいます。

不況なので、少しでもコストを下げることに専念して、投資をしないマンションオーナーが多い中、
『一度住んでもらえたら、良さがわかる』と言って少しでも長く暮らしてもらえるように工夫をされています。

一番いい部屋と紹介された部屋に入って、私が感じたことは、
・部屋の空気がひんやりしていたこと。
(たまに空気の入れ替えをされているとは言ってましたが・・・)
・6月末にお掃除した部屋なのにホコリがほとんどなかった。
・空き家独特のニオイがなかった。

ほかにもありましたが、細かいことなので省略します。

物件のホームページは東大阪の物件だけですが、守口も作成予定と聞きました。
ウチのブログでは大した発信力はありませんが、許可をいただいたのでアドレスを貼っておきます。
興味を持っていただけたら幸いです。

http://www15.ocn.ne.jp/~s7seas/carol/

直接リンクしませんので、面倒ですがコピーして訪問してみてください。
よろしくお願いします。